岩手県「盛岡手づくり村」の特産品を販売中!

毎月11日に開催している「いい日地場産の日」から1週間の期間限定で、岩手県盛岡市の特産品を販売します!

岩手県盛岡市は、麺類の消費が多く、独特の麺文化が育まれてきました。

なかでも「わんこそば」、「盛岡冷麺」、「盛岡じゃじゃ麺」は盛岡三大麺として広く親しまれています。

これからの季節に冷たくておいしい麺料理はいかがですか。

また、令和初日となった5月1日に、盛岡初のご当地サイダーとして「アロニアサイダー」が新発売となりました。

こちらの商品はブルーベリーと比較してアントシアニンが3倍以上も豊富に含まれた果物「盛岡産アロニア」を使用したフルーティーなサイダーです。

他にも銘菓「南部せんべい」など、ほのかな甘みが誰にでも喜ばれる定番お菓子の販売もあります。

東日本大震災から8年、元気な盛岡の特産品をお届けします♪

 

日  時   令和元年6月11日(火)~17日(月)10時から17時まで

場  所   地場産くるめ物産館東合川店(久留米市東合川5-8-5)

主な商品  盛岡冷麺、じゃじゃ麺、わんこそば、ビビン麺、南部せんべい、アロニアサイダー、かもめの玉子

くるみクッキー、くるみ餅、せんべい汁、カクテキキムチ、みそっこきゅうり他

特記事項  特産品は、当センターと同じ地元の特産品を取り扱う「盛岡地域地場産業振興センター」が取り扱っている商品です。